就労継続支援B型事業所『こねっこ』

2015年5月1日、就労継続支援B型事業所『こねっこ』を新たに始めました

『こねっこ』でできること

Book Cafe Co-Neccoで・・・
・ホールの担当
・厨房での調理
・厨房での食器洗い
・カフェ終了後のホールや厨房の掃除
・キャラクター『こねっこさんのタグ』作り
・ホームページ更新やメニュー表作成

施設外で・・・
・総菜作り
・ケーキ・クッキー作り

『こねっこ』に来てみませんか

発達障害などの障害やうつなどの疾患をお持ちで・・・
・ カフェの仕事に興味をお持ちの方
・ ケーキづくりやお料理に興味をお持ちの方
・ 仕事に復帰するためのリハビリとして就労訓練をしたい方
・ 引きこもりがちで社会に出るためのトレーニングをしたい方
・ 接客などを通してコミュニケーションのトレーニングをしたい方
・ まだまだ長い時間働く自信のない方(シフト制を組んで作業して頂くので、初めは自分に合った時間で働けます)

Book Cafe Co-Neccoには発達障害当事者のスタッフもいますし、お客さんもたくさんいらっしゃいます

・ 自分の障害を深く理解したい方
・ 悩みを抱えていて相談したい方
・ 就労する上でいい解決策を求めている方

当事者同士で話し合ってみたらいかがでしょう。何かいいヒントを見つけることができるかもしれません。

『こねっこ』に関心のある方

優しいスタッフさんが待っています。
電話(052−842−9137)かメール(conecco2014@outlook.jp)、もしくは、このホームページの『問い合わせ先』からでお問い合わせ下さい。Book Cafe Co-Neccoに直接ご来店下さっても結構ですが、担当者が席を外していることもありますので電話かメールで時間を打ち合わせてからのご来店をお勧めします。

最後にごあいさつ

Book Cafe Co-Neccoを運営する一般社団法人あいち発達障害サポートネットワークでは、5月1日より、新たに就労継続支援B型事業所『こねっこ』をオープンいたしました。Book Cafe Co-Neccoは、発達障害の方もそうでない方にも居場所でありたいと考えてこの1年あまり運営を続けてきました。そして、多くの方に来ていただきお話を伺ってきました。そのなかで、お仕事でしんどい思いをされている方、お仕事を辞めた方、病院に通っているけど、もう一度お仕事を始めるための準備の場所がほしいと言われる方が多くいらっしゃいました。そのために少しずつ働き始めるリハビリの場所として『こねっこ』を始めることにしました。
Book Cafe Co-Neccoでは、当事者会を通して当事者同士の話し合いが、自己理解や仕事の理解、家族の理解にとても大きな力になることを経験してきました。今後も当事者どうしの話合いや気付き合いを大切にして『こねっこ』の運営にあたりたいと思っています。
明るく楽しいスタッフさんたちといっしょにお仕事を始めませんか。

こねっこのブログを始めました。
こちらからどうぞ。